家を貸すことに伴う責任を上手に果たす

トラブルに発展することはないと確信できます

我が家の場合は、不動産屋などの仲介業者を通さず全く個人レベルで貸すことにしたため、家賃を適切な金額に設定するのに幾らか苦労しました。
30年以上経過している一軒家ですし、相場がどれほどなのかもよく分からなかったからです。
色々な要素を考慮した結果、借り手が友人のお子さんたちということもあり、固定資産税が払えるだけの最低金額を家賃として頂くようにしました。
その金額で、双方が納得しているため、何の問題も起きていないのが幸いだと感じています。
でもこの点で、起きるかもしれないトラブルを回避するために行ったことの一つは、家賃を含め幾つかの決め事をしっかりと書面にするということです。
家を貸す時に限らず、仕事を始める時やお金の貸し借りなど何をするにしても、決め事を書面で残すというのは基本的なことです。
知り合いや友人であっても、トラブルを一切回避したいと思うなら、書面にしておくのは最低限必要な対策であると言えるでしょう。
私たちの場合も、双方が納得した上で書面にし、お互いの署名と捺印があるため、まずトラブルに発展することはないと確信できます。

家の不具合や故障した箇所は大家の側で修理しなければならない家賃の設定トラブルに発展することはないと確信できます